Gemini / Wild Nothing アルバムレビュー (あるいはペヤングの美味しい食べ方)

――――私たちは連れて行かれるその先で、自分が自分でないような、同時に周りの世界も豹変してしまったかのような、あからさまなプレコックス感を感じる。さながら、ガリバートンネルを潜り抜けた先のような世界観を持つこのアルバムの中では石は岩となり、草は大木となり、取るに足らない虫けらすら命の脅威をなる。凡庸な…